2013.05.01

一年生になったら

ちょっとばかり書き時を逃した記事です。
・・・ちょっとじゃないですね。情けないばかりです。

今回は、会社案内ではなく個人的な活動記録です。

130430_shinsyakaijin

去る4月3日、大田区産業プラザPiOにて新入社員セミナーが開催されました。
そこへ私、先輩社員として(!?)壇上に立たせて頂きました。

そもそも、なぜそうなったのかと言いますと、
昨年度の新入社員セミナーに参加した際、無意味に張り切り、
大田工業連合会事務局長様の目に留まったためです。

当時の自身でさえ「周りから浮いているなぁ」と分かっておりましたが、
「松浦製作所に同期はいない。ハメを外したところで問題ない」と
タカを括ったのが運の尽き・・・いえ、ツいていたのでしょう。

そして月日は流れ、3月下旬になったある日のこと。
社長 「新入社員セミナーの話なんだけど~」
スタッフI 「(ああ、やっぱり・・・)」
なんとも言えません。

無駄に長い経緯はここまでで。


スピーチの内容は、安直ですけれども
「昨年の経験を踏まえて伝えたいこと」でした。

ここだけの話、1年勤めた程度で伝えることなんてありませんでした。
私自身がまだまだ何も知らない状況にあるからです。
(今日の業務でも、頭がショートしつつあります。頭が不器用。)
壇上で偉そうに先輩ヅラをするのも気が引けました。
未熟者がせいぜい言えることは、ただ真摯に学んで、
実直に勤め上げて頂きたいということです。
より良い仕事をするのに近道なんて無いと信じております。

そんな私の拙いスピーチを、新入社員の皆さんはよく聞いて下さいました。
おかげさまで緊張もほぐれて後半は気楽に話せました。
(前半はガチガチに緊張して見てられません・・・。)
なんとも頼もしい後輩くんたちです。

ところで、昨年のセミナー参加者が約50名に対し、
今年度の参加者は約25名でした。
どの企業も雇い控えの様子、少々寂しい心持ちになります。

そんな環境で新たなスタートを切った若者たちに、
ついつい期待をしてしまう「少しだけ先輩」なのでした。
ああ、どうしたらいい仕事ができるんだろう・・・。

I No.6
 
スポンサーサイト



Posted at 13:05 | 松浦の日常 | COM(0) | TB(0) |