2014.06.21

今までお世話になりました!その1

 
たいへん長らく放置いたしました…。申し訳ございません。
やる気のないブログで名が挙がってはいけないのですが(汗)

機械にかじりつき、己が未熟さに身を焦がす昨今でありました。
何事も余裕をもって臨むよう努力いたします…。
そんなダンディな大人に、私はなりたい。


さて、懲りずに松浦製作所について書いてまいります。
当記事のタイトルですが、私のことではございません。

『 最後まで付き合ってくれてありがとう 』

数々のロマンス、切ない別れを感じるフレーズです。
いったいどんな素敵なヒト(?)が相手なのでしょう?

140121_metaldust.jpg

↑あっ、すみません、コレです。
「切りくず(俗称:切り粉-キリコ)」です。画像で分かりますか?
これはS45Cという鋼の一種です。あれ、SUS304(ステンレス鋼の一種)だったか。

松浦製作所は加工屋ですから、
  材料を手配する → 材料を加工して品物にする → 発送する 
という流れがあります。
そのサイクルのなかで排出されるのがコイツです。
松浦製作所は除去加工がメインですので、切り粉が出るのは宿命です。
つまるところ加工屋は切り粉を作る場所だと私は認識しています。極論です。
タイトルのように「出会っては別れ」を繰り返すワケです。

しかし世の中は上手くできているもので、
切り粉屋さんと我々が呼ぶ回収業者さんがいます。
切り粉屋さんが切りくずを買い取り、それを鋳溶かすなりして再利用するのです。
古来より続くリサイクルの美しき流れ…プラスチックなんて若い若い!


オチとしてこの記事でお伝えしたいことは…
昨年までの松浦製作所ではこの画像を撮影できなかった、ということです。

昨今の松浦製作所は「微細加工」を主なウリにしておりますがゆえ、
これまでは排出される切り粉が少なかったのです。
ところがCNC旋盤を導入してから、切り粉屋さんを呼ぶ頻度が激増しました。
それはもう、恐ろしいほどの「別れ」を再三いたします。

これは松浦製作所が変化しようとしているシルシだと思います。
(切り粉の始末が毎回肉体労働だなんて思ってませんよ?)
前フリが非常に長くなりましたけれども、
皆さまに見守って頂けますよう進化と「別れ」を繰り返してまいる所存です。


長すぎるのでここまでにしますが、
切り粉ってのも奥が深いものでして…私は日々切り粉を見つめております。
そのあたり、次の記事で垂れ流したいと思います。

I No.11
 
スポンサーサイト



Posted at 17:17 | 松浦の日常 | COM(0) | TB(0) |
2013.10.02

もくもく

 
長いことブログに手を付けられておりませんでした。
ますます松浦製作所が閉塞的、ブラックボックス化しかねませんね(汗)
努めて様々なことをご案内し続けられますよう心がけます。


私の近頃の話し相手はCNC旋盤さんです。
文字通り1日の大半をこのコと向かい合っております。
相手をよく知り、仲良くなれるよう何ができるか悩んでいます・・・。


おやおや、加工が終わってカバーを開くと中から煙が!
しかも機械の内部の空気がなかなか熱くなっています。


けれども大丈夫、これは故障ではありません!(だと思うのですが)

材料を切削する際に発生する熱によって、
材料や刃先にかける冷却液が蒸発しているのです。
(冷却液、切削剤には水溶性のものを使っております。)

こうして縁の下の力持ちである切削液さんが闘ってくれるおかげで、
よい品物が(不思議と)できあがってきます。
私がすることと言えば、せいぜい切削液の濃度管理くらいです。
切削液さんには感謝しきれません。


申し訳ないことに、今回は特にオチといったものはありません・・・。
簡単ではありますが、松浦製作所の日常を少しお見せいたしました。
また何かご紹介できますよう、ネタをためてまいります。 (・ω・)ノシ

I No.9
 
Posted at 09:12 | 松浦の日常 | COM(0) | TB(0) |
2013.08.20

決算月

さてさて弊社は夏季休暇もあけ、昨日8月19日より始動しております。


今月8月、弊社は決算月になります。
私が代表になってから8期目の決算です。

今期は中々厳しい内容でした。
昨年9月の尖閣問題の頃から仕事の動きが不安定になりましたね。
(尖閣が原因とは言えませんが)
夏季休暇明けは大変多くのお問い合わせや受注に現場は奮起しております。

そしてそして、従来週明け月曜日の朝だけだった朝礼も毎日行い、
経営理念の唱和や情報の共有をしております。

「何かが変わる松浦製作所」

乞うご期待でございます。



画像が無いのも殺風景なので、弊社の古株であるインデックステーブルの画像でもあげておきます。
推定年齢40歳位でしょうか。

もちろん「現役バリバリ!」・・・までは行きませんが
バリ」位は活躍しております。


DSC01230.jpg

担当:松浦



Posted at 21:31 | 松浦の日常 | COM(0) | TB(0) |
2013.07.17

またも新入社員・・・?

 
私に続き、去る7月13日に新しい社員(?)が入ってきました。


・・・ええ文字通りです。入ってきました、1階の作業場へ。
CNC旋盤、その名も オークマ SPACE TURN LB2000 EXⅡ
カッコイイ響きではありませんか!(どうですか?)

弊社には、既にNC旋盤が設置・稼動しておりますが、
それは比較的小径の品物に対応する加工機です。
ある程度の大きい丸モノとなりますと、
別の汎用旋盤でなければ加工ができませんでした。
(精度にも限界がありました・・・。)
このニュースは、松浦製作所にとって画期的な出来事です。

このたび導入の・・・新任のマシン君であれば、
より大きな径の丸モノを能率よく多量に加工が可能になります。
ますますの対応力アップを目指します!


さて、新加工機クンの入社までをダイジェストでお送りします。

カンカン照りの陽射しの下、待ちぼうけしていると・・・

130713_newNCL1.jpg

巨躯を揺らしてトラックが小道に進入してきました。
よくもまあ、入れるもんですね。ペーパードライバーには驚きの技術。
そして神秘のヴェールから解き放たれます。こ、これが・・・。

130713_newNCL2.jpg

フワ・・・ッ!

130713_newNCL3_20130717213913.jpg

新マシン、蒲田の大地に降り立つ。
作業員の皆さんの手際には驚くばかりです。プロの仕事ですね。
 
130713_newNCL4_20130717213915c4c.jpg

下の画像は、社長と新入社員の感動の対面です。
よろしく頼んだぞ  ・・・とは特に言っておりませんでした。ハイ。
 
130713_newNCL5_20130717213918.jpg

さらに作業場レイアウトを考えつつ機械クンを設置。
切削くずを流し送るチップコンベアもササッと取り付けます。
 
130713_newNCL7_20130717213920.jpg

ここで作業員の方々は撤収です。暑い中お疲れ様でした!
背中で問いかける仕事人の美学。ホレますね。
 
130713_newNCL8_20130717213922.jpg

そうしてやっと腰を落ち着けます。ここまでものの3時間です!
果たしてここが「終の住処」となるか否か。
 
130713_newNCL9_20130717213946.jpg

さて既に本日(7月17日)から社内講習が始まっております。
完全にCNC旋盤クンに振り回されている状況で、
どうやって仲良くなっていけばよいのやら、大変そうな予感がします。
詳しくは、また後日ご報告いたします。 ((φ(・ω・` )
まだまだヨチヨチ歩きな私ではございますが、
「人の役に立つ」をモットーによく習熟していきたく思います。

今後さらにお客様に愛される松浦製作所となるべく、
ますますスタッフ一同、誠意をもって発展を心がけてまいります。
また少し新しくなった弊社を、どうぞよろしく願います。

I No.8
 
Posted at 21:15 | 松浦の日常 | COM(0) | TB(0) |
2013.06.23

社内研修の日々

 
と言う訳で「大田区加工技術展示商談会」では
多数の皆様のご来場を頂きまして、誠にありがとうございました。
お問い合わせ、お見積り、ご注文のご依頼も多数頂きまして、
てんてこ舞いでございます。

お待たせしており大変申し訳ございません。


残業、休日出勤にて少しでも早く対応させて頂きますので今しばらくお待ち下さい。


閑話休題。

現在社内ではマシニングセンターの技術研修を行っております。
東京都立城南職業能力開発センター様の事業のひとつとして、
社内にある工作機械や道具での研修に対応して頂ける
現場訓練支援事業」のプログラムに則って、
熟練工の講師の方が弊社に来て頂けて最大40時間までの講習を行ってくれます。
講師費用は開発センター様と折半なので、
工作機械メーカー様の研修よりも低コストなのが最大の魅力です。

こんな感じで進んでおります。

BMJpzenCMAE94xf_convert_20130623174653.jpg

研修も後3日間を残すのみとなりました。
これで社内の稼働率が少しでも上がれば良いなと期待しております。
Y君、I君、頑張ってください。
 
Posted at 17:30 | 松浦の日常 | COM(0) | TB(0) |